投資

ソニー銀行で投資信託を大人買い!1,000万円投下。1ヶ月後どうなった?

投稿日:

結論

  • ソニー銀行「優遇プログラム Club S」で【プラチナステージ】になるために、2020/05/29が約定日になるように投資信託【<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンド】を【1,000万円分】購入した。
  • ステージ判定が月末の投資信託残高(約定日基準)=月末時点での評価額が1,000万円以上であれば【プラチナステージ】となり初回購入だったので月末が約定日になるように購入した。
  • なぜ?【プラチナステージ】を目指したのか。ステージ特典である「Sony Bank WALLET キャッシュバック率:2%還元」を享受するため。モバイルSuicaチャージ・Kyashカードチャージも2%還元されることを検証済みである。Visa LINE Payカードの3%還元は2021/04末までの期間限定キャンペーンであり、その後は1%還元と案内されている。なので2021/05以降は「Sony Bank WALLET 2%還元+Kyashカード1%還元=3%還元」で利用していこうと考えている。「優遇プログラム Club S」が改悪されないことを切に願っている。
  • さて、1ヶ月経って評価額はどうなったのか?FRBの金融政策のお陰で実体経済と乖離して株価は上げ続いていた、まさにV字回復。評価損益が【+798,787円】となる時もあった。がしかし直近数日でアメリカに行ける第二派が影響し、暴落し始めた状態である。現時点での評価損益は【+212,336円】である。
  • ソニー銀行「優遇プログラム Club S」のステージ判定は非常に優しい仕様となっていて、ステージ"アップ"判定は毎月行うがステージ"ダウン"判定は3月・9月にだけ行われる。2020/09末時点での評価額が1,000万円未満になるような事態となれば、新生銀行 ハッピーバースデー円定期預金の資金で追加投資を行う。
  • 外貨建年金保険が2020/12に満期となり【12,497.62USD/18,319.44AUD】が受け取れる。保険会社で円にしてもらうこともできるが、為替レート次第では外貨のまま保険会社からソニー銀行の口座に振り込んでもらおうかと考えている。手数料はこれから調べる。

7月からプラチナ確定

ソニー銀行で投資信託を購入する際に注意すべきは、"特定口座"での取引することだ。口座開設手続きの中で特定口座を選択できたのかもしれないが、私の場合は口座開設後に、書面で本人確認を添付して特定口座開設の申込を行った。

特定口座が開設されたのでプラチナステージにするために=2020/05末時点での評価額を1,000万円となるように、約定日が2020/05/29になるようにして大人買いを実行した。約定時に1円増えているのたのは端数処理の仕様上ということだった。

プラチナステージの特典として7月から使うのは【振込手数料無料回数10回】。ソニー銀行から楽天銀行の自分自身の口座に振込むことで、「楽天銀行ハッピープログラム」で楽天ポイント(通常ポイント)を獲得する!


評価損益

2020/05/29約定してから以下のように基準価格が推移しており、評価損益は「+798,787円(2020/06/08)→ -73,938円(2020/06/12)→+212,336円(2020/06/26)」と推移している。アメリカにおける第二波がどうなるか+さらなる金融緩和政策がどうなるか次第だと思い、見守っている。

<購入・換金手数料なし>ニッセイ 外国株式インデックスファンドは長期投資として購入したので評価損益が酷いことになろうが、ガチホ!!!

願わくば完全にV字回復して、現在抱えている個別銘柄との損益通算でプラスになるフェーズに来たら全ポジションを手仕舞ってしまいたい。

<2020/06/08> +798,787円

<2020/06/12> -73,938円

<2020/06/26> +212,336円

-投資

Copyright© 豊谷直樹の独身生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.